契約書作成

次のようなお悩みをお持ちの方、是非当事務所までご相談ください。

  • 友人にお金を貸すことにしたのだが、念のため借用書は残しておきたい。
  • 個人間で不動産の売買をするのだが、市販の契約書のひな形では少し不安がある。
  • 子供に財産を生前贈与したいが、親族間でも契約書を作っておいたほうがよいのか。

お金を貸す、不動産を売買する、財産を贈与する、などの行為は、基本的には契約書がなくても契約自体は成立します。しかし、後々のトラブルを予防するためにも、最初の段階できちんとした契約書を残しておくことは非常に大切なことです。

インターネット上では、様々な契約書のひな形が公開されていますし、書店でも契約書に関する書籍はたくさんありますので、それらを参考にご自身で作成することも不可能ではないと思います。

しかし、それらのひな形が本当に今回の契約に適した内容なのか、ひな形に書いてある各条項には一体どんな意味があるのか、どのように修正していけばよいのかなどの判断は、やはり専門家からアドバイスを受けることをお勧めいたします。

当事務所では、お客様から契約の内容につき詳しくお伺いし、その内容に相応しい契約書を作成させていただきます。

是非お気軽にご相談ください。

皆様に安心をお届けします。無料相談をご利用ください。

司法書士には守秘義務がございます。安心してご相談ください。

046-244-4686

メールでのご依頼・ご相談24時間受付

ご予約受付時間:平日・土曜 9:00~20:00

営業時間:平日9:00~18:00

  • ご予約で時間外も相談対応いたします。
  • ご予約で土日祝日も相談できます。
  • 空きがあれば当日のご予約も可能です。

無料相談受付中

初回のご相談は無料。原則お時間の制限は設けておりません。

046-244-4686(相談受付時間:平日・土曜 9:00~20:00)

メールでのご依頼・ご相談24時間受付

営業時間:平日9:00~18:00

  • ご予約で時間外も相談できます
  • ご予約で土日祝日も相談できます
  • 空きがあれば当日のご予約も可能です

代表司法書士 林 真吾

主なお客様対応エリア
事務所について
事務所概要
司法書士紹介
サービスに関するよくある質問
お勧めプラン一覧
ご費用
お客様の声
当事務所からのお知らせ
主な相談内容について
相続・遺産分割
遺言・遺言執行
成年後見
会社設立
契約書作成
不動産登記
商業登記
債務整理
裁判所手続
ご相談について
ご相談の流れ
ご相談・ご依頼
ナイター相談・休日相談開催中
その他
コラム
インタビュー
プライバシーポリシー
サイトマップ